骨皮筋絵文 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 絵手紙展の開催

<<   作成日時 : 2006/02/04 09:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
多くの方々のご助力により絵手紙展が開催された。
2月1日から17日まで金沢中央郵便局で展示される。
展示そのものも大変だったが、絵手紙をあまり傷つけないようにと葉書にメンディングテープを貼って、その上に両面テープを張る作業が大変で、妹夫婦が二晩かけて頑張ってくれた。
母の絵手紙を梅干篭に貼る作業も大変だった。妹が1枚1枚葉書のコーナー4隅をゴムで止めてくれた。
絵手紙の枚数が多く整列して貼るのではなくもっと自由な空間が欲しかったが、その余裕も無かった。等々色々あったが、立派な展示になり、3日の中日新聞の地方版に大きく載せていただいたようだ。
最初の発想のメアリーさんから始まり、妹の絵手紙の先生、お弟子さん、妹夫妻、郵便局の方々ほか皆様に感謝いたします。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
masunoさんおはようございます

色々な絵手紙展を見ていますがこの様な素晴らしい絵手紙展は初めて見ました。
心が篭っていると言っても良いでしょう。
お母様へのお兄様の愛情をお妹さんご夫婦が受け止められたのでしょう。
もし私の兄がそうであったらきっと私達夫婦も頑張ってしまいます。良き理解者妹さんを持たれて良かったですね。
親子、兄妹の絆をヒシヒシと感じる絵手紙展です♪
でも本当に、本当にご苦労様でした。
メアリー
2006/02/06 09:30
メアリーさん、ほんとに色々有難うございました。

絵手紙展なるものを殆ど見たことが無く、展示の前に犀星館の絵手紙展を見て来ました。巻紙の元気な絵手紙の展示もありました。
干し梅篭のアイデアは妹が出し、絵手紙を貼って、先生に見てもらってOKをいただき、母の絵手紙を貼ったのですが、これはアクセントになりました。
「息子から母へ」「母から子へ」「娘から母へ」のタイトルは絵手紙の先生が、PCで書いて持ってきてくれました。365枚の展示の1月〜12月のマークは絵手紙教室の方がやってくれました。ほんとにいろんな方のお世話になりました。
メアリーさんからご提案いただいた巻紙も、2枚ほど書いて持って行ったのですが、犀星館で見た元気な絵手紙を真似、もう1枚書き額に入れて1度は会場に飾ったのですが、ちょっと重く、会場にそぐわなくて外しました。

頑張ってくれた妹は疲れも有って、私の風邪を移したようで風邪で寝ているようです。
風邪が流行っているようです。風邪を召しませんように。
masuno
2006/02/06 11:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
絵手紙展の開催 骨皮筋絵文 日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる